BLOG

スタッフブログ

日本でサッカー選手になる方法とは?サッカー選手になるためのポイントを解説

日本でサッカー選手になる方法とは?サッカー選手になるためのポイントを解説

サッカー選手は人気の高い職業のひとつです。現在でもスター選手を多く排出しているJリーグで、プロの選手になることを夢見ている方も多くいるのではないでしょうか。しかしプロになる方法をご存じの方は、意外と少ないことでしょう。そこで今回は、サッカー選手になる方法についてご紹介します。

プロの下部組織か強豪高校にいく

日本のプロサッカーリーグはJリーグのみです。つまりプロサッカー選手になることは、Jリーグ所属クラブの選手になることです。Jリーグに入団するための方法としては、大きくわけてふたつあります。

下部組織から昇格

Jリーグの所属するクラブチームのほとんどが、下部組織を所有しています。小学生を対象とした「ジュニア」、中学生が対象となる「ジュニアユース」、高校生が対象の「ユース」がその下部組織にあたります。学生時代は学校の部活に所属するのが、ケースとしては多いことでしょう。しかし部活はあくまでも学校としてのスポーツ活動のため、プロとはあまり関連がありません。

早い段階からですと、ジュニアから所属し、その後も下部組織の中で経験や技術を身につけていきます。そして最終的にユースチームにおいて活躍が認められれば、プロ契約を結んでもらえます。

スカウト狙い

学校での部活動でサッカーを行っている場合、あまりプロとは関係がないのですが、無縁ではありません。部活動の延長線上にプロ契約がないだけで、部活動での活躍によってスカウトをしてもらえる可能性があります。才能がある選手が皆、下部組織に所属するとは限りません。

プロとしても活躍できるであろう、将来性を秘めた選手が部活動でサッカーをしていることもあるため、むしろスカウトはそこを狙っているのです。スカウトされ無事契約に至れば、プロ選手になれるでしょう。

サッカー選手に向いている人

プロとしてサッカー選手になる以上、好きという気持ちだけでは成績を残すことは難しいものです。Jリーグには日本全国の高水準のスキルや身体能力をもった選手が集まるわけですから、水準以上のスキルを求められます。またプロとして忘れてはならないのは、観客やサポーターの存在です。

自分自身のスキル向上や個人成績だけにこだわるのは、プロとはいえません。それだけに固執してしまうのはアマチュアです。応援してくれている方々を楽しませつつ、ハイレベルな戦いを繰り広げられる選手こそがプロです。

そのためにはまず、強い精神力が必要です。思うような成績を出せない、いわゆるスランプ状態に陥ってしまうこともあるでしょう。そういったときでもひたむきに取り組み続けられるかどうかは、精神力によって左右されます。また高い目標を立てたうえで、日々成長し続けることもプロには求められます。

ブレない心と向上心をもち続けるのは、非常に過酷です。しかしサッカーを楽しむことさえできれば、それも乗り越えられることでしょう。そういった意味ではサッカーを好きという気持ちは、最も大切であるといえるでしょう。

サッカー選手になった後のプラン

下部組織からの昇格やスカウトによって見事プロサッカー選手になれたとしても、それはスタートでしかありません。プロになることは目的ではないので、そこからどのようになっていくのかが、たいへん重要です。

プロとしてクラブと契約をした後は、まずレギュラー選手になることが目標といえます。基本的に試合に出場できるのはレギュラー選手のみです。常にすべての試合に出場するためにも、レギュラーになることを目指しましょう。

そのためにはベンチ入りが、第一歩です。ベンチ入りすることで選手交代のタイミングで、試合への出場を果たせるためです。見事レギュラー入りした暁には、そのさきの目標として日本代表入りが控えています。

クラブチームのレギュラーになることは大きな結果ではありますが、やはり日本のプロサッカー選手である以上は、日本代表として世界各国の選手と大舞台で戦いたいと思うことでしょう。とくにワールドカップへの出場は、ひとつの到達点といっても過言ではありません。プロの選手として、いけるところまで突き進みましょう。

年齢や性別などの条件は?

サッカー選手になるためにクリアしなければならない条件に、性別は関係ありません。男性と女性でリーグ自体はわかれるものの、それぞれにリーグが存在していますので、性別を問わずサッカー選手になれます。プロという意味であれば、2021年にWEリーグ(ウィーリーグ)という女子サッカーのプロリーグが、ようやく誕生予定です。女性でもようやくプロサッカー選手になれます。

また年齢に関しては、明確に制限があるわけではありません。しかしスポーツに関してはサッカーに限らず、ピーク年齢というものがある程度決まっていますので、30代でのプロ入りは現実的ではないでしょう。三浦知良選手は、現役最年長として50代になってもプロ選手のまま活躍を続けていますが、非常に稀なケースです。

プロ入りの基準としては、遅くとも大学を卒業する22歳がピークであると考えられます。またプロ入りしてからいかに活躍ができるかが大切ですので、プロ入りは早ければ早いほうがよいのです。

まとめ

よほどの才能がない限りスカウトでプロ入りというのは難しいので、Jリーグへと続くルートになることが必要です。そのためには才能だけでなく、たゆまぬ努力が求められますので、必死に頑張って夢を叶えましょう。

練習の際にはウェアなどが必要です。各種アイテムを取り揃えているイルマックスにてぜひともお買い求めください。

Players!

お問い合わせはお気軽に

ABOUT

IRMAXが選ばれる理由

1975年創業 サッカーのチームオーダーユニフォーム専門店

私たちイルマックスはチームオーダーユニフォームの常識を変えることに挑戦し続けます。

どこよりもシンプルに。どこよりも自由に。どこよりも安く。

すべてのプレーヤーのために。

圧倒的なコスパ
最短2週間スピード制作
デザイン自由
サンプル貸し出し
デザイナーと直接打ち合わせOK
後払いOK
全国送料手数料無料
追加注文1枚からOK