BLOG

スタッフブログ

サッカーヨーロッパリーグの歴史や所属チームについて解説

サッカーヨーロッパリーグの歴史や所属チームについて解説

サッカーファンの方であれば、ヨーロッパリーグというものを聞いたことがあるかもしれません。ヨーロッパリーグには、強豪クラブチームがいくつもあり、多くのスター選手が所属しています。しかし、どのような歴史で誕生したのかということはあまり知られていないでしょう。そこで今回は、サッカーヨーロッパリーグの歴史や所属チームなどについてご紹介します。

ヨーロッパリーグの歴史

ヨーロッパリーグの正式名称は「UEFA(ユエファ)ヨーロッパリーグ」といいます。欧州サッカー連盟が主催するサッカー国際大会のことで、毎年9月にから翌年の5月にかけて開催されます。

はじまりは、1972年UEFAカップとして正式に発足したことです。その当時としては、各国のリーグにおいて優勝を逃してしまったものの、優勝争いをしていた強豪チームが競うための舞台という位置づけでした。その当時からリヴァプールやユヴェントスなどの名門クラブチームがタイトルホルダーとして存在感を放っており、80年代にはレアル・マドリードが連覇を果たしています。

その後1999年になると、「UEFAカップウィナーズカップ」という欧州各国の優勝クラブ同士による国際大会を吸収するかたちで統合されました。同時に各国のカップ王者の参加や、敗者復活システムの導入などの変化も訪れます。しかしこの頃になると、大会レベルの低下を懸念する声があがり始めました。この頃になるとリーグ王者のほか2位や3位など出場枠が徐々に広がってきていたためです。

ところが、新たな才能が発揮される場所という趣旨の変化により、大会の価値としては変わらずに進化し続けます。そして、2009-10シーズンに、ロゴマークの一新などさまざまな改変とともに、UEFAヨーロッパリーグに変更され現在のかたちになりました。

開催方式

開催方式には、大きく分けて以下の4つに分かれています。

予選

トーナメント方式のホーム・アンド・アウェー戦で行われます。ホームとアウェーで同点だった場合には、アウェーでのゴールが多いチームが勝者です。3回戦まであり、国内カップや国内リーグにおける上位チームに関しては2回戦や3回戦などから参戦するシード式となっています。

プレーオフ

予選3回戦での上位36チームとチャンピオンズリーグ敗者の6チーム、合わせて42チームによって行われます。ここで勝ち抜いた上位21チームはその後、グループステージへの参加権を獲得します。

グループステージ

国内カップ優勝の上位12チームと国内リーグ4位のチームなどの17チーム、プレーオフ上位21チーム、チャンピオンズリーグ敗者の10チームの合計48チームによって行われます。そのなかから4クラブずつが12のグループに分けられ、ホーム・アンド・アウェー方式によって戦います。48チームのなかに同国のクラブが混在している場合には、グループ分けの際に同じグループにならないように行われます。

決勝トーナメント

グループチームを勝ち抜いた24チームに加えて、チャンピオンズリーグのグループステージ3位の8チーム、合計32チームによって行われます。トーナメント方式によって行われ、最終的に優勝したクラブには、王者としての称号とUEFAチャンピオンズリーグへの出場資格が与えられます。

参加資格

参加資格に関しては、まず国内リーグ戦と国内カップ戦によって分かれます。

国内リーグ戦

まずUEFAランキングのなかで6つの出場枠をもっています。1〜51の国では3つ、52〜54の国で2つ、55位の国で1つです。ただし、リヒテンシュタインにおいては国内リーグ戦が存在していないため、国内カップ戦の優勝チームが出場します。イングランドとフランスに関しては、リーグカップ戦からの出場枠をもっているので、国内リーグでの成績上位1チームのみです。

国内カップ戦

前年度の国内カップ戦優勝クラブと、イングランドとフランスのみ前年度国内リーグカップ戦優勝クラブが出場枠をもっています。

さまざまな出場枠が存在するため、場合によっては複数の出場枠に該当してしまうケースも存在します。たとえば、国内カップ戦王者がUCLやUEL出場権を獲得した場合には、国内リーグ最上位クラブのなかでUCLとUELの出場権どちらも獲得していないクラブに出場権が与えられます。

出場チーム

ヨーロッパリーグに参加するチームは、みごと出場資格を獲得したチームとなりますので決まっているわけではありません。強豪クラブになると常連であるケースは存在しますが、それも必ずというわけではないので、出場枠獲得条件を満たすほどの成績を残すことができなかったシーズンに関しては、当然参加することはないというわけです。

出場資格にもありますが、UEFAランキングがベースです。このランキングはUEFAに所属するナショナルチームとクラブチームの公式戦での成績をもとに算出されます。ヨーロッパにおけるクラブチームの頂点を極める大会といっても過言ではありませんので、ファンの注目を非常に多く集めます。

出場チームも出場はあくまでもスタート地点ですので、予選やグループステージ、決勝トーナメントを着実に勝ち上がっていかなければなりません。また、トーナメントの組み合わせも非常に重要な要素ですので、どのチームが出場することになるかだけでなく、どの組み合わせになるのかという部分もポイントといえるでしょう。

まとめ

数多くのチームが豊富なリーグや試合を勝ち抜き、最終的にその年のチャンピオンになることを目指してしのぎを削り合います。選手やチームのことだけでなく、歴史などを理解することでより楽しめるようになるでしょう。サッカーのユニフォームをお求めでしたら、オリジナル商品を取り扱っているイルマックスにお問い合わせください。

Players!

お問い合わせはお気軽に

ABOUT

IRMAXが選ばれる理由

1975年創業 サッカーのチームオーダーユニフォーム専門店

私たちイルマックスはチームオーダーユニフォームの常識を変えることに挑戦し続けます。

どこよりもシンプルに。どこよりも自由に。どこよりも安く。

すべてのプレーヤーのために。

圧倒的なコスパ
最短2週間スピード制作
デザイン自由
サンプル貸し出し
デザイナーと直接打ち合わせOK
後払いOK
全国送料手数料無料
追加注文1枚からOK