BLOG

スタッフブログ

サッカー日本代表ユニフォームの特徴や遍歴について

サッカー日本代表ユニフォームの特徴や遍歴について

ワールドカップなどの国際大会において、日本代表が身につけているユニフォームが、これまでに何度も変更されていることをご存じでしょうか? チームのメンバーを表す重要なポイントとなるユニフォームですが、遍歴などについてはあまり知られていないでしょう。そこで今回は、サッカー日本代表ユニフォームの特徴や遍歴についてご紹介します。

サッカーにおけるユニフォームとは

とくにサッカーにおいて、ユニフォームは重要な役割を果たしています。まず選手と審判を区別しなければなりません。いずれもピッチ上にいることになるわけですから、間違っても審判にパスを出すようなことがあってはならないからです。

また、両チームに関してもデザインやカラーがかぶらないようにする必要があります。そのため1stと2ndの2種類のカラーを全チームが用意することになり、それらの問題が起きないように競技されているのです。

さらに、同じチーム内であってもゴールキーパーとそれ以外のポジションで判別できるようにもしなければなりません。これは手が使えるなどゴールキーパーの持つ特殊なルールがあるためで、それが曖昧になると試合に影響が出てしまいます。つまり、1試合で審判と両チームのゴールキーパー、そして、それ以外の計5パターンのユニフォームが使用されます。

ポイントは「ブルー」

日本代表のユニフォームといえば、そのカラーリングが有名です。サムライブルーと評されるなど、ブルーを基調としたデザインです。

他の国ですと、ユニフォームのカラーリングは基本的に国旗のカラーリングとリンクしていることが多い傾向にあります。しかし、日本の国旗はご存じの通り白と赤の2色となり、青色は使用されていません。一説には空と海の青をイメージしているといわれたりもしますが、実際のところその由来は謎です。

戦前に使用されていたユニフォームは水色だったので、それを引き継いでいるというのが最も有力なルーツといえるでしょう。過去には白と紺であったり、赤と白だったりする時期もありますが、いずれも定着することはありませんでした。最終的に1992年以降、今日までブルーを基調とし続けています。ただし、今後については変更されないともいいきれませんので、ブルーを今のうちに楽しんでおくといいのではないでしょうか。

日本代表ユニフォームの遍歴

日本代表のユニフォームですが、基本的には毎年デザインが新しくなっています。それは年を区切るという意味もあれば、新鮮さを醸し出すためのものでもあったりします。サポーターと呼ばれるサッカーファンの方々であれば、試合観戦の際日本代表と同じユニフォームを着用するケースが多いので、そういった方々からしても新たなデザインであることは魅力のひとつです。

1999年にアディダスジャパンが、日本代表ユニフォームに関してオフィシャルサプライヤー契約を締結しました。その後、現在に至るまでその契約は継続され続けていますので、毎年アディダスジャパンによって新たなデザインが生み出されています。

1999年のユニフォームは全体をブルーのカラーリングにしたうえで、肩部分に三本線などをあしらったデザインです。その後、白いラインの位置や数を変更するなど、マイナーチェンジのような変更が続きました。純粋なブルーではなく、パープルに近いカラーリングになった時期もあれば、ブルー自体の面積が少ない時期もあるなど、随所に試行錯誤の様子が見受けられます。

オーセンティックとレプリカの違い

サポーターが日本代表と同じユニフォームを着用するとなった場合に、オーセンティックとレプリカの2種類があります。一見同じように思えるこの2種類ですが、実際には大きく異なります。

オーセンティック

オーセンティックは、実際に選手が着用している本物のユニフォームとほとんど変わらないタイプです。素材や機能性など、限りなく本物と同じですので、生地自体は薄く、インナーが付いているというのが特徴です。本物と同じ機能であるため、練習着などとしては申し分ないのですが、繰り返し着用する耐久性はイマイチですので、何度も洗濯して着用するというような使い方は向いていません。

レプリカ

レプリカは、本物に見た目は近づけつつも、商品性を高めたタイプです。素材や縫製などが実際のユニフォームとは異なっており、耐久性が高いというのが特徴です。また、価格もオーセンティックよりも安く設定されているため、選手と同じユニフォームを着て試合観戦をしたいという場合には向いているでしょう。

ややこしいことに、非正規品のことをレプリカと称することがありますので、混同してしまわないように注意しましょう。ユニフォームにおけるレプリカはあくまでも廉価版という位置付けとなりますので、気軽に手に入れられます。

まとめ

年々徐々に変化をしている日本代表ユニフォームは、今後も進化し続けることでしょう。サポーターとしては最新ユニフォームを着用して観戦したくなるはずですので、オーセンティックあるいはレプリカのものを手に入れましょう。サッカーのユニフォームでしたら、ぜひイルマックスにてお買い求めください。オリジナルユニフォームなども取り扱っておりますので、きっとお気に入りのユニフォームが見つかるはずです。

Players!

お問い合わせはお気軽に

ABOUT

IRMAXが選ばれる理由

1975年創業 サッカーのチームオーダーユニフォーム専門店

私たちイルマックスはチームオーダーユニフォームの常識を変えることに挑戦し続けます。

どこよりもシンプルに。どこよりも自由に。どこよりも安く。

すべてのプレーヤーのために。

圧倒的なコスパ
最短2週間スピード制作
デザイン自由
サンプル貸し出し
デザイナーと直接打ち合わせOK
後払いOK
全国送料手数料無料
追加注文1枚からOK